「時を待つ心」

 何事をなすにも時というものがある。
 「時」それは人間の力を超えた、目に見えない大自然の力である。
 いかにのぞもうと、春が来なければ桜は咲かぬ。冬が来れば春は間近い。
 桜は静かに春を待つ。
 生活上で悪い時が過ぎれば、良い時は必ず来る。
 だが何もせずに待つことは避けたい。
 時を得ぬ人は静かに待つがよい。
 大自然の恵みを心から信じ、時の来るのを信じて、着々と我が力を蓄えるがよい。
 着々と我が力を蓄える人には、時は必ず来る。
 静かに時を待つ人には、暖かい光を注ぐのである。
 お互いに時を待つ心を養いたい。

 by 佐藤達雄

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック