ランチ

20200228_131338 (1).jpg
 「別腹」が、消化機能としてあることをTVで最近知った。

地域ミュージアム

20200228_101001.jpg
 仙台市内4号線脇の建設現場囲いに、アート作品が制作されていた。







20200228_101059.jpg
 期間限定のアートミュージアムだ。

京大SDGs

 枕.jpg
 準備した「脱プラ/自由形状まくら」
  「京都超SDGsシンポジウムについての重要なご案内」が来た。
 3月12日から15日に渡っての大規模な展示やセッション等について、聴衆を集めての実施は、本日の国の要請を受けて、断念することを決意致しました。

 という事で、京大行きは中止となる。ついでの九州行きも延期とする。
  

北軽井沢行

20200224_104100.jpg
 雪の無い北軽井沢を後にする。










20200224_151922.jpg
 途中の那須高原で、ソフトクリームタイム。
 ここのミルクソフトは濃厚なのだ。

北軽井沢行

20200224_104345 (1).jpg
 夕刻からの「イノシシ肉」と「牛タン」の食べ比べに、「ルオムの森」洋館に行く。







20200223_170119.jpg
 洋館のショップで念願の鋳鉄製ホットサンドメーカーに出会った。トルコ製とのこと。
 即、購入。










20200223_165830 (1).jpg
 厚い鋳鉄なので、左で「イノシシ肉」右で「牛タン」を焼いての味比べも試そう。

 夕刻からの比較試食では、イノシシ肉の多彩な料理を食べるのが忙しく、写真に収める間がなかった。
 イノシシ肉は、料理人の腕さえ良ければ絶品の味であることが確認できた。牛タンにも勝るとも劣らなかった。



北軽井沢行

20200223_095108.jpg
 炭、遠赤外線発生の七輪の周りを砂にする。
 地域で捕れた魚を、串刺しにして砂に刺し立てる。






20200223_095127.jpg
 蓋をして焼くと、遠赤外線でしっとりと美味しい串焼き魚ができる。
 囲炉裏で焼くよりも理にかなっている。

 こんな生活の知恵が、地域にはあふれている。

北軽井沢行

20200223_094930.jpg
 いとこ家の、地域活動の手伝いを考えている。
 子供の頃は、野生動物と共存していた。






20200223_080733.jpg
 今、野生動物は危険を冒してエサを求め人里に来る。棲み分けが上手くいかなくなっている。
 人命を脅かす場合は捕獲し、人里は危険なことを知らせなければならないが、棲み分けに戻す過程である。
 さてどうするか。

北軽井沢行

20200222_134340.jpg
 旧北軽井沢駅に到着。
 子供の頃からも見たことの無い、2月に雪の無い北軽井沢。
 来た気がしない。

届き物

20200214_200451.jpg
 娘家族から、手作りガトーショコラの梱包が届いた。
 「ウナギ犬」らしき者もいた。
 50年ほど前は、ウナギ犬号と名付けウナギ犬の旗をなびかせていたミニサイクル(自転車)が街乗り愛車だった。

雪の愛子

IMG_2020-02-11 07-22-48.jpg
 自宅30m上空からの錦ヶ丘・愛子駅・仙台高専方面。






IMG_2020-02-11 07-22-36.jpg
 開成橋より川前方面。







20200211_070603.jpg
 開成橋を愛犬散歩。









20200211_070541.jpg
 広瀬川下流方向。









20200211_070707.jpg
 上流方向。
 日差しを受けた部分だけが水面に映り、陽炎の様だった。

ランチ

20200209_133431.jpg
 手本のような、古民家を活用した地域資源活用事業だ。










20200209_124900.jpg
 食前のソフトクリーム。

 食後よりも美味しさが分かる。と思った。










20200209_130417.jpg
 「カツにキャベツ」の定番ではない。









20200209_122503.jpg
 地域の花からの蜂蜜も有る。

近道(復)

20200208_165152.jpg
 入り口の両側が刈り払われていた。









20200208_165555.jpg
 中間地点では、借り払われている場所が。
 観察すると、電線の下だ。







20200208_165803.jpg
 電柱周りと電線下が借り払われたということだ。

近道

20200116_094141.jpg
先日まで、危険を感じながら通過していた木が、









20200203_100639.jpg
 無くなっていた。













20200203_100558.jpg
 伐採され丸太になって、










20200203_100420.jpg
 道の両端に積まれている。

 有効活用を願う。